暗号通貨(仮想通貨)ビットコインの利益にかかる税金対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ビットコイン

暗号通貨(仮想通貨)の投資での利益にかかる税金は、支払わなくてもよいケースがあります。
暗号通貨(仮想通貨)ビットコインで買い物した場合は、確定申告しなくても良いです。
ビットクラブの利益を税金を払うか否かのケースを知って、マイニング投資の利益を守りましょう。

 

 

暗号通貨(仮想通貨)ビットコインでの買い物は無申告OK

 

今日税務署に確認してきました。
ビットコインのウォレットで買い物しても、申告しなくても良いみたいです。
暗号通貨の売買利益は雑所得だから、うまく経費調整して税率上がらんようにすればOKです。

外貨預金も、外貨ドルに替えて円換算で利益出てても、外貨ドルのままショップピングで使ったり、消費する分は税金はかかりません。

ビットコインも同じなので、円に戻さなければ、利益が確定したと見なされないので、ビットコインのまま消費つまりショッピングには、税金はかからないのです。

海外の会社の暗号通貨(仮想通貨)対応のデビットカード使えば、日本のATMからアルトコインを円で引き出せますよ。

日本の暗号通貨(仮想通貨)取引所ウォレットの会社でも、プリペイドカードに対応を始めています。

「非中央集権的な暗号通貨」がいかに「徴税権をベースに成り立つ国家」というものにとって脅威なのか、よくわかりますね。

沖縄に移住して、ビットコインを琉球コインに替えて、生活すれば、税金を払わなくて済みますよね。
ビットクラブネットワークのマイニング報酬も安定して得られるので、さらに自由で快適な生活を送れます。

日本の脱税の追徴課税最大40%です。
オーストラリアは暗号通貨(仮想通貨)の税金は無料になったみたいなので、日本もなると良いですね。
税金については税制がまだ確定してないので、管轄税務署マターになりますが、譲渡益扱いと雑所得での累進課税扱いとで2つ説があります。
今は税務署に聞くのが一番確実ですね。

税制が確定しない、法律がまだ決まっていない期間は、基本的にどの分野でも雑所得扱いになります。
よって、暗号通貨の利益も雑所得扱いになるしくみです。

税金でお困りの方は、なおさら余ってる仮想通貨ビットコインをビットクラブネットワークに増資して税金申告を会費も節税になります。

税金は必ず払わないといけないですが、どう節税するか。
やり方を多く知ってる人が本当にお金持ちですよね。
低所得者層ほど、余計な分まで税金を払ってる気がします。

 

ビットクラブでさらに安定したマイニング報酬を得る

 

日本は暗号通貨(仮想通貨)後進国だから先の見通しが理解されてないだけで、欧米中は法定通貨からの移行を視野に入れてるので、市場そのものがこんな規模で納まるわけがありません。

仮想通貨ビットコインの価値はますます上がっています。

暗号通貨(仮想通貨)は常識にとわられると、置いてけぼりになります。
暗号通貨(仮想通貨)の世界は、常識を今つくっているからです。

人間はこだわりを捨てて、素直になれるかが、人生の分かれ道です。

成功している人の言う事に耳を傾ける勇気と場を読むセンスが大切ですね。
その人に先見の明があるかどうかです。

無理強いとかではありませんが、チャンスがきたと思ったら早めに行動を起こすのがおすすめです。

暗号通貨(仮想通貨)によって世の中が大きく変わるかも知れないときに、投資できてること自体、私も日々感謝しています。

ビットクラブネットワーク(BitClubNetwork)に関するご質問ご入会希望は、LINE@でお気軽にお問い合わせください。

金目 裕(かなめ ゆたか)のLINE@
(ID検索時は@をお忘れなく)
@xmg1957u

@xmg1957u

友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す