リップルが上位仮想通貨になりビットコインも使える世界に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
リップル

ビットクラブでは、仮想通貨リップルはマイニング不可ですが、無視できない暗号通貨(仮想通貨)です。
仮想通貨リップルが広まったら、銀行はいらなくなるのではないでしょうか。
暗号通貨(仮想通貨)が広まりきった後も、リップルの値は上がり続けるのでしょうか。

 

 

暗号通貨(仮想通貨)リップルの軌跡

 

仮想通貨リップルは日本人とアメリカ人で、保持率は45パーセントをしめています。

暗号通貨(仮想通貨)はどれ買っても資産10倍です。
よりリスクが少ないのがリップルです。

もう実用化が決まってるから必然的に仕事がなくなるけど、引退者が大量に出る事で仕事の取りあいによるデフレを防げます。

リップラー達で暇つぶしにテレビ局とか作ったり、島買ってリップル島作ったりするのもありかもです。

でも、リップル1000円なったら仕事やめて投資家1本になる人多いでしょう?
毎日休みだからどこでも行けます。

仮想通貨リップル不信の方は新世界秩序を勉強するといいですよ。
リップル(Ripple)は国際送金に対応できる時価総額を集めるためには、一気に価値があがるトリガーが必要です。

それは個人投資家ではなく、複数の大口投資家と企業の力がポイントでしょう。
そのポイントが発動する時、多くの勝ち組が誕生します。
リップルとステラが同種族ですよね。

仮想通貨リップルが上がり続けると思ったら痛い目に合うから、そこはしっかりみんな判断したほうがいいでしょう。
上がり続けたあとは必ず下がる。

下がらなかった前例なんてないのだから。
どこまで上がるかの予測は常に忘れずにしておきましょう。
リップル(XRP)もネム(XEM)もまだまだ始まってもいないので、今の価格は低すぎて買いです。
というよりも、仮想通貨ビットコイン(BTC)以外はまだスタートラインにすら立ってないですからね。
買いです。

 

 

世界最大の銀行も仮想通貨リップルに参加

 

三菱UFJフィナンシャル・グループ、ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行(BBVA)、スカンジナビスカ・エンスキルダ銀行(SEB)、Akbank、アクシス銀行、イエス銀行、SBIレミット、Cambridge Global Payments、Star One Credit Union及びEZ Forexといったいくつかの世界最大級の銀行などが新たに参加します。

仮想通貨リップルが8円台でガラ行った時の事は今でも覚えています。
マイナスポジションとなった人も、よく耐えたと思います。

仮想通貨リップルを信じる人達に拍手そしてお祝い申し上げます。

暗号通貨(仮想通貨)から逃げると言ってる人は、長期で仮想通貨リップルがどうなるのかを勉強して考えた方が良いです。
まだ実用化されてないだけに今は種まきの時期ですが、本来ならこんな価格にとどまってること自体があり得ないことです。

仮想通貨リップルは、3桁の価値は持つべき通貨ですね。

リップル、BTC建だとまだ8円事件の時より安いです。
当時.00007000、いま.00005600くらい。
やっぱりBTC建チャートも見ないとダメですね。

ブリッジ通貨リップル(Ripple)が勝組決定してます。
それが別のものに変わる可能性は低いかと。

ビンの蓋でも、みんなが欲しがれば上がるので、ブリッジでも、みんなが欲しがれば上がります。
チューリップの球根も値上がりします。
ただ、みんなが冷静になって、頭を冷やせば、適正価格に落ち着くでしょう。

それでも個人的には、1リップル100円になるのは遅くないでしょう。

ビットクラブネットワーク(BitClubNetwork)に関するご質問ご入会希望は、LINE@でお気軽にお問い合わせください。

金目 裕(かなめ ゆたか)のLINE@
(ID検索時は@をお忘れなく)
@xmg1957u

@xmg1957u

友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す