仮想通貨(暗号通貨)ビットコインのマイニング報酬で車を購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
自動車

ビットクラブネットワークのマイニング報酬で、車をビットコイン決済で購入してみませんか。

 

トヨタはイーサリアムと他の暗号通貨(仮想通貨)も対応?

 

ビットコインは暗号通貨(仮想通貨)の基軸通貨ですので、先日のビットコインの暴落のおかげでだいたいのアルトコインも一緒に値下がりしました。

法定通貨と違って、ビットコインが永遠に基軸通貨ではいられないでしょう。

あと何年基軸通貨でいられるかはハッキリとは言えませんが、国通貨の基軸通貨がイギリスポンドからドルに変わったように、いずれビットコインの立ち位置も変わります。

それは、過去の歴史が証明しています。

しかし、ネム(NEM/XEM)はリップルと同様、じわじわ価格は上がっているので、シェア拡大するきっかけになるでしょう。

ネットワーク

 

仮想通貨ネム(NEM/XEM)はリップル並みに支払い向き

 

暗号通貨(仮想通貨)ビットコイン(BTC)の今の性能は、7トランザクション/秒です。

ネム(NEM/XEM)がカタパルトを積めば、4000トランザクション/秒となります。

決済システムとの相性が良いリップルは、5000トランザクション/秒です。

ということは、ネム(NEM/XEM)も決済システムに強いということになります。

現段階で、トヨタが暗号通貨(仮想通貨)イーサリアムのシステムを利用して研究するだけとの公表ですが、いずれ決済システムや支払いにも、ビットコイン(BTC)だけでなくイーサリアム(ETH)が使えるようになるかもしれません。

仮想通貨ネム(NEM/XEM)の良さは、ハーベスティングによる平等性とされていますが、現在の価格ではスーパーノード建てるのに1億円近くかかります。
暗号通貨(仮想通貨)の世界も、やはり金持ちが勝つシステムです。

ネム

 

暗号通貨(仮想通貨)モナーコインは世界初SegWit対応

 

SegWitとは単純に、取引をさらにスムーズに行いやすくするシステムです。
ブロックの大きさも小さくなり、署名領域を変えたりして履歴は残すので、暗号通貨(仮想通貨)の信用を損なわないようになっています。

モナーコイン(MONA)は世界で初めてSegWit対応した暗号通貨(仮想通貨)なので、決済システムとの相性もばつぐんです。

 

個人的には、2ちゃんねる発祥なので、PEPECASH並みにネタ通貨として保持していましたが、暗号通貨(仮想通貨)シェア拡大と共に、重要視せざるをえません。

モナーコイン

 

 

ビットクラブのマイニング報酬で車を購入できる時代に

 

以前から日本でも中古車販売店で、ビットコイン決済が可能なケースがありました。

ビットクラブネットワークでは、ビットコインとイーサリアムなどの暗号通貨(仮想通貨)のマイニングを続けています。

ビットクラブネットワークの会員になると、暗号通貨(仮想通貨)のマイニング向けマシンに投資ができて、毎日マイニング報酬が得られます。

それら報酬をウォレットなりデビットカードやプリペイドカードへ移動させて、日々のお買い物の決済も可能となります。

利益のビットコインは寝かしておくだけでなく、他のアルトコイン、ネムやモナーコインに変えて、価格が高まるのを待つのも良いでしょう。

それらの暗号通貨(仮想通貨)でも、トヨタで実装となりましたからね。

 

ビットクラブネットワーク(BitClubNetwork)に関するご質問ご入会希望は、LINE@でお気軽にお問い合わせください。

金目 裕(かなめ ゆたか)のLINE@
(ID検索時は@をお忘れなく)
@xmg1957u

@xmg1957u

友だち追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す